Light house

世界中のロマンチックを求めて!Twitter・IG@natsumidori430

英語ができなくても旅には出れる。それでも私が英語を勉強する理由

 

所属している旅美女会の、chihiroさん(‪@pintokona1007 ‬)の記事を読んで、この記事を書きました。

 

 

tabijo.jp

 

 

わたしは英語が全然できません。

 

でも、英語ができなくたって旅はできる!

 

そう思ってたし、別にそれは間違いじゃない。

だからそれでいいや、って思ってた。

それを言い訳に、英語を勉強してなかった。

 

 

 

友だちとインドに行ったとき。

 

英語が堪能な友だちが、現地の人と楽しそうに話してるのをみて羨ましかった。

 

1人でカンボジアに行ったとき。

 

トランジットの空港で、英語ができなすぎて客室乗務員の人に呆れられた。

 トゥクトゥクのドライバーさんも、せっかく話しかけてくれたのに、わたしが英語ができなくて会話が成り立たないのをみると、話しかけてはくれなくなった。

 

 

そんな、英語ができない悔しさや悲しさを、たくさんたくさん感じていたのに、わたしは「英語ができなくても旅はできる」と言い訳をし続けた。

ちょっと勉強しても、すぐにやめた。

 

 

 

考えてみれば、アジアの発展途上国には、母国語でもない英語を話す人がたくさんいる。

 

彼らは、自分の将来や家族のために必死で英語を勉強したんだと思う。

英語が話せないと、格差の酷い発展途上国では、高い収入を得ることはできない。仕事につくことができない時だってある。

 

 

わたしが英語を勉強していないのは、ただ、甘えているだけでした。

 

 

だから、決めた!

 

毎日、英語で日記を書く。

会社の教育手当を使って、英会話教室に通う。

 

 

たったそれだけのことだけど、やり続ければ結果は変わるはず。

 

来月、旅に出るイタリアには間に合わないだろうけど、何も勉強しないよりはマシだ。

 

何より、次の旅に向けて。

自分の夢のためにも。

 

 できることなら、あのときのトゥクトゥクのドライバーさんに、

 

「色んなところに連れてってくれて、わたしが楽しめるようにしてくれてありがとう。わたし、こんなに英語が話せるようになったよ!」

 

って、お礼を言いたいな!