Light house

Twitter@natsumidori0430 国内・海外一人旅。カフェ巡りと海とワンピースが好き!いろんな世界をみてみたい!

Love Lettar〜ナポリの窓から恋人へ〜

旅に出る前は、いつもいつも、不安でいっぱいだ。


旅に出たくなんかなくなる。
だって怖いんだもん。
知らない国、知らない場所で。
知らない人に囲まれて。
知らない言語が飛び交う。
わたしだけ置いてけぼりにされたみたい。


怖いよ、普通に考えて。
アラサーだけどさ、わたしだって一端の女の子なんだよ。


嫌だよ、怖いよ。


そういうと、あなたは、「はいはい」って呆れ顔をして、手は繋がずに、ただ背中だけを押す。


「大丈夫だよ。いってらっしゃい」


あなたはわたしのこと全部知ってるのに、なんで「大丈夫」なんて言えるのだろう。


びっくりするくらいの方向音痴で、計画性ゼロだし、英語も全然できないし、体力ないからすぐ疲れちゃうし、日焼けするの大嫌いだし、暑がりだし、口下手。


ばかばか。
わたしが欲しいのは、そんな言葉じゃないのに。
わかってるくせに。
いつも絶対言ってくれない、その言葉。


「行かなくてもいいよ」って、言って。










旅は、喜怒哀楽のすべてを呼び起こす。


ヴェネツィアでは、鐘楼からの眺めに涙して。
苦手なハトのせいで何度も心肺停止した。


フィレンツェでは、見事に黒人の手に引っかかり、€10を盗られるはめになって。
わたしのやりたいことを実践している、日本人女性に出会えて、話を聞けた。


ローマでは、トラットリアで店員さんに忘れられて放置されていたわたしを、周りの人みんなが助けてくれた。
お土産の買い忘れが多すぎて、毎日スーパーに通った。


いつでもどこでも、おいしいジェラートと。

計画性と行動力が試される旅路。

綺麗な景色は、ただそれだけで、わたしを圧倒する。


結局いつも、なんであんなに行きたくなかったんだろうって思うくらい、旅はわたしにたくさんの感情をくれる。












ああ、いまこの場所にあなたがいたら。
日陰を作ってもらってその中で丸くなるのに。


ああ、いまこの場所にあなたがいたら。
もっといろんな種類のジェラートを食べたのに。


ああ、いまこの場所にあなたがいたら。
黒人に騙されることも、トラットリアで忘れられることもなかっただろうな。




あなたはわたしのこと、全部知ってるから、「いってらっしゃい」って言ったの?










前までは、いつもわたしがあなたを待っていたのに、最近はわたしがあなたを待たせてばかりだね。

いつも、ありがとう。


でもね、わたしは、あなたと話したい。


綺麗だね。
疲れたね。
おいしいね。
暑いね。
びっくりしたね。


あなたに向けたこの言葉たちを、わたしはこの旅で何度、飲み込んだだろう。




だからね、今度からはね。


「一緒に行こう」って、言って。